インタビュー 事業創造イノベーションコース

キンコーズ・ジャパン 西條 弘晃 氏インタビュー

JMIビジネス・イノベーションコースに受講生をご派遣いただいた、キンコーズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 西條弘晃さんに、コースについて語っていただきました。
日本能率協会の鈴木雄馬がインタビューします。(以下敬称略)

キンコーズ・ジャパンが抱える課題とは?

鈴木
インタビューにご協力いただき、ありがとうございます。

今回の趣旨としましては、受講生である渡辺様がこのコースを受講されて、どういう成長があったのかをご自身と派遣元である御社、すなわち西條様に振り返ってもらうというところにあります。

ご派遣いただいた会社側として、どのような期待があり、渡辺様にどんな変化があったのかを感じられているのかをお伺いしたいということでお時間をいただいております。

西條様が経営者として次世代の経営リーダーの育成に関して、どのようにお考えでいらっしゃるか、経営者に必要な資質は何かといったところも含めて、ご持論をお伺いできればと思います。

まずは現状のお考えからお聞かせいただけますでしょうか。

西條
キンコーズは、まだまだ歴史が浅くベンチャー気質のある会社です。

社員の平均年齢も若く、そういう意味で次世代の経営者の育成というのは課題でもあると思っています。

そのような中で、今回の渡辺のように、年若くして経営メンバーの一員として抜擢できたというのは、まさにJMAさんのこの研修が非常に大きな役割を果たしたのではないかと私は思っています。

次世代経営者育成のための2つのポイントとは?

鈴木
ありがとうございます。

西條
キンコーズにとっての次世代経営者育成ということについては、2つの方策があると思っています。

1つは、リーダーシップを育成するための集合研修なり、教育の場を会社として提供するということです。

但し、誰をどのように選抜するのかということについては、まだまだ我々の場合、人員構成がピラミッド型で底辺のところが非常に大きいので、上位層にその候補となる多くの人材がそろっている訳ではありません。
ですから現在上位層にいるメンバーに限定せず、店舗や営業の現場で、経営方針を理解し、高い志を持って、イノベーションを自ら実践し、実績を上げているという人材を見つけることが必要で、そういうメンバーを積極的に抜擢したいと思っています。
ですから、そのためにきちっとしたリーダーシップ育成という教育の場を、与えるということを会社としてやらないといけません。

もう1つは、教育をしたことを実践させる、そういう場を提供するということなのかなと思います。
それは組織間の積極的な人事異動、あるいは新しい組織を作って、権限を持たせて任せるということですね。

当社は営業部と店舗運営部で組織が分かれているのですが、営業から運営に、運営から営業にという異動はやっていないのが実情です。なぜ出来ていないのかと言えば、キャリアやスキルが異なるという思い込みがあります。今後はこうした組織間の異動もどんどんやっていけば良いのではないかと考えています。

例えば、これまでとは異なる視点を持ち、視野をもっと広げてもらうために、ずっと店舗運営部で成果を出して店長まで上がってきた人に、改めて営業をさせてみるというのもありだと思います。

店舗で仕事をやっていても当然店舗に来られるお客様への接客があり商談も担当するのですが、営業で外に出るとお客様との接点が非常に多くあります。
商談の内容も多岐に渡りますし、かなり違うんですね。
その世界を経験させ実績を上げて、また店舗に戻す。

今度は店舗の運営のリーダーや店長、又エリアのリーダーに抜擢するとか、そういう育成ができると、営業も店舗も両方を経験し、より全体を俯瞰できるようになり、経営層へのキャリア育成がよりスピーディに可能になるのではないかと思います。

社内外での教育、研修の場を提供するということと、それを実際に実践する場や機会を積極的に与える、この2つが重要だと考えています。

キンコーズ・ジャパンが掲げる3大経営方針とは?

鈴木
なるほど。

西條
私が社長になって、3つの方針というのを発表しました。
きわめて普通のことを言っているんですが、これに沿った戦略や施策の実行ができれば、この会社はもっともっと成長すると思っています。

1つ目はお客様第一主義を貫くことです。

お客様の視点に立って考える、そしてお客様の持っておられる課題を見出し、困っておられることを理解する。
そしてそれに対して徹底した課題解決型の提案をしていくことです。
結果として、キンコーズが存在して良かったと思っていただき、驚きや感動を与えられるような会社になりたいと思っています。

2つ目は、新しいことに挑戦するということです。

より困難なことに、リスクを取ってチャレンジをしていきたい、ということです。
リスクの大きなことに無理にチャレンジしましょう、と言っているのではありません。
日頃の業務のなかで、少し目線を変えてみて昨日と違うことをやってみましょう、という発想で、過去の成功体験にとらわれず、固定概念を取っ払いましょうということです。

3つ目は、人材の育成です。

自己の成長だけではなくて、部下や後輩、同僚などのことにもフォーカスしながら、組織が、会社が持続的な成長をしていくうえで、人材をしっかり育てていくということが重要です。
人を育てるという点では、周りのメンバーが、又マネージメントが、しっかりサポートをするということが大切です。
チャレンジさせたことに対してモニタリングやフィードバックを確実に行うこと、そして経営者がそのことをコミットするということが重要だと思っています。 

「視座が高くなった」とは?

鈴木
なるほど、わかりました。

昨年、渡辺さんが御社の代表というか、これからのまさしく御社の経営を担うリーダーとしてご参加されたと思います。

実際に研修が終わられてから、取締役に昇格されてということがありましたが、受講前に期待されていたところ、研修が終わられての渡辺さんの変化については、どのようにお感じになられていますか?

西條
立派になって帰ってきました(笑)。

渡辺が取締役に就任したのは、研修の5単位目が終わったくらいの時期です。
2月にこの研修が始まった時には、まだ選考のプロセスすらも始まっていませんでした。

研修が終わってから一番に感じたことは、視座が高くなったというか、物事に対する見方や人に対する姿勢、発言力が変わったことです。

鈴木
このコースはまさに今、仰られた視座を高める、視野を広げるというところを重視してプログラムを組んでいます。

特に渡辺さんに関しては、前任の社長から、実務での経験の積み上げがあり、現場でのいろいろなフィードバックを受けて、更にそれを効率化していくスキルというのは非常に高いのですが、一方で物事を俯瞰して見るとか、抽象化して考えるという点に若干の課題があるので、このコースに派遣いただいたと伺っております。

そういった意味では当初、期待していたところと合致していたのではないでしょうか。

西條
そうですね。
合致していたと思います。
それから、人の話をよく聞くようになりました(笑)。

鈴木
そうですか。
やはり、異業種の方と交流されたりとか、様々なゲスト講師の方が来られたり、多様な方のお話を聞く場があったので、ご自身とは異質なものも受け入れて、どう考えるかみたいなところが身についたのかもしれないですね。

西條
それはすごく感じますね。

鈴木
あとはリーダーシップという点では、渡辺さんは既に優れたリーダーシップをお持ちの方だと思います。

ただ、今まではどちらかというと、ご自身の経験に基づくリーダーシップみたいなところだったのが、それに理論とか抽象的な考え方というものがプラスされたのかもしれません。

キンコーズ・ジャパン・ナンバー2の変化とは?

西條
半年に1回、社内で幹部メンバーを集め戦略会議をやっています。

彼には、店舗と営業のビジネスをどのように拡大させていくかというテーマでプレゼンをしてもらっていますが、いくつか彼が用意したスライドの中で「西條さん、これどうですか?」と、さっそく先の研修で学んだビジネスモデル・キャンバス(BMC)を出してきたんです。

BMCについては、彼は思考の整理のために頻繁に使っているようです。

会社の将来を考えて、次の成長のために、今こういう切り口で現状の課題がどこにあって、何が足りなくて今後どうすべきか、というのをこのツールを使って整理をして、その道筋を作っているということです。

さらにこれを他部署の部門長に紹介したりもしています。

鈴木
BMCは、ビジネスモデルの全体像をシンプルに捉えられる非常に便利なツールではあります。

西條
重要なのは、このツールを用いて整理できたことを、どう具体的に実行していくか、ということです。

非常に良く出来たフレームワークですが、これをどうやってアクションプランに落とし込んで、誰が責任をもって実行するか、スケジューリングをどうするか、これらを具体化することです。

非常にいいきっかけをいただいて、彼もBMCを学んだことは、すごく良かったと言っていますね。

彼は、吸収力がすごいです。
スポンジのように、何かを入れるとギューっと吸収しますね。学んだことをすぐに使おうとするという点では、とても優れています。 

将来リーダーの早期育成に対する今後の期待とは?

鈴木
いろいろな講師の方から、いろんな投げかけがあり、それらをどんどん吸収して、ご自身の力にしていくという点で、非常に渡辺さんは優れているというのは私も感じていたところです。

もともと頭の回転がものすごく早い方なのでしょうね。

ただ、今までは体系立てて学ぶ機会がなかったというところもあるのでは思います。

思考の整理の仕方だとか、こういったフレームワークの使い方みたいな武器も手にされましたので、今後の経営の場でそれをどんどん実践していくフェーズになっていくのでしょう。

では、最後に、われわれJMAもしくは、マネジメント・インスティチュートというところでも良いのですが、今後に期待するところとがあればお聞かせください。

西條
将来のリーダーの早期育成を図りたいという観点で、集合研修をご支援いただきたいと思います。

選抜研修であるビジネス・イノベーションコースは、とても素晴らしいコースだと思います。
長期であるがゆえに深く学べますし、海外合宿もあり、様々な経験を積むことができます。

今後とも新しいプログラムの開発にも大いに期待をしています。

ページの
先頭へ