グローバルに活躍するタフなビジネスリーダーを育てる
グローバル人材育成のためのオンライントレーニングセミナー

グローバル展開に向かう上で日本企業が抱える課題

企業のグローバル展開においては、

  • 企業戦略/文化の徹底
  • 現地法人のコンプライアンス(健全性)の担保
  • 等の観点から、国内から人材を派遣することが必要となります。

しかし…

実際にご派遣を計画するにあたっては、検討しなければならない課題が少なくありません。

  • 現地での駐在に耐えられるだろうか?
  • そもそも、どんな人材を派遣したら良い?
  • スキル・経験は申し分ないけど適性は?

必要となるのは、
実ビジネスに昇華可能な、実践的な環境の下で失敗を含めた経験をしっかりと積むことで
グローバルに活躍するタフなビジネスリーダーを育てる
経験と体験であると考えられます。

本プログラムのねらい

自主・自立(自律)
与えられた役割ではなく、自身がどうやってチームに貢献できるかを模索しながら、能力を発揮することが求められる

忖度・遠慮一切なし
実在する企業からの厳しい目線に晒される実践的プログラムを国内で経験

「異質」への順応・適用
異業種・異文化との交流を通じて新たなコミュニティーを開拓し、交流を深める

本プログラムが提案するソリューション

1コミュニケーションスキル
  • 実力(経験)に裏付けられた自信
  • 「場」に呑まれず主張する能力
  • 自立(自律)的コミュニケーションの実現
2グローバルマインド
  • 異文化の理解・受容
  • 異境・異質な環境への順応能力
3事業戦略知識
  • 事業戦略に対する見識
  • 戦略策定業務に従事した経験

プログラム構成

オンラインにより、日本国内にいながらグローバル企業とつながることができます。
プログラムを通じて、実在する企業に対して課題解決に向けた提案を実施することで、
実ビジネスへの昇華が期待できる経験を積んでいただけます!

《第1モジュール》
インプットフェーズ

【事業戦略】日本語
【コミュニケーション:英語プレゼン】英語
【コミュニケーション:マインドセット】日本語
【ワークショップ】日本語

国際ビジネスの場で
必要とされる能力をインプット

《第2モジュール》
仮説構築・提案準備フェーズ

【ケース企業研究】英語
【中間プレゼンテーション】英語

オンラインによる
ASEAN現地企業とのセッションを実施

《第3モジュール》
報告・発表フェーズ

【最終プレゼンテーション】英語
【講評・まとめ】英語・日本語

社内教育では得られない
「実在する企業」の目線に晒される
刺激・緊張感

プログラムを通じて、
グローバルビジネスの基礎・基本の修得を完了し、
多様性が高い中でも
成果を出せる人材を育成します!

企画概要

※企画詳細は予告なく変更となる可能性がございます。

実施時期

2020年11月開講予定

期間

3モジュール(プログラムは全35h程度、 その他チーム活動10h程度を想定)

開催予定会期

※ケース企業との調整により、変更となる場合がございます。

【第一モジュール(11月実施)】
Day1:11月 9日(月)
Day2:11月16日(月)
Day3:11月25日(水)
Day4:11月27日(金)

【第二モジュール(12月実施)】
Day1:12月14日(月)
Day2:12月18日(金)
Day3:12月22日(火)

【第三モジュール(2月実施)】
Day1:2月15日(月)
Day2:2月19日(金)

形態

オンライン研修を想定

目的(ゴール)

グローバル人材の育成
異文化の中で事業開発・改革プロジェクトを体験し、成果をどん欲に求める、タフなビジネスリーダーとなる

参加料
法人会員 ¥300,000-(税別)/1名
会員外 ¥420,000-(税別)/1名
対象者
  • 海外赴任、グローバル業務への従事を控えた方
  • 中堅および若手社員 ※20代後半~30代後半
  • これからの事業・市場開拓を担う期待のかかる方々
  • ある程度の英語力をお持ちの方 ※おおよそ目安として TOEIC:600 前後
  • 新しい経験に対して前向きに取り組める方
ケース企業

在ASEANの日本企業
あるいは在日ASEAN企業の現地本社を予定

使用言語

日本語/英語
※ケース企業とのやり取りは、チーム単位で実施し原則、英語を使用いただきます。
一部モジュールにおいては通訳がつきます。

成果
  • グローバルビジネスの基礎・基本の修得
  • 参加者・ケース企業とのプログラムを通じたネットワーク構築
  • 新規ビジネス創出の可能性・萌芽
成果物
  • ケース企業に対する英語でのプレゼンテーション資料
  • ケース企業によるプレゼン評価に関する資料

教育・研修に関するご相談・ご質問などお気軽にお問合わせください!

ページの
先頭へ