EBLアドバンストマネジメントコース

経営理念に基づいた判断をくだせる経営者・幹部の育成

目指すゴール

答えのない課題において企業としてどう判断するか、社内外へどう行動を起こしていくか、 経営者が物事を判断するにあたり必要となる考え方・軸を学び、 自社の経営理念に合った判断を下せる次世代経営リーダーを育成します。

特長

1経営経験者に蓄積された知恵の伝授

スターバックスコーヒージャパン、ボディショップ等複数社で社長を担った岩田主任講師から自身の経験談をもとに 経営者が意思決定していくうえで必ず考える判断軸についてテーマ毎に講話を通じて紹介いただきます。

  • 決断に至ったロジックや背景
  • 経営者ならではの覚悟と責任
  • 自身のこだわりなど
2短期間(2日×3回)で経営者としての視点、視座の向上

経営者に求められる俯瞰視点、トレードオフの経営判断、企業経営の本質の理解を通じて経営者として立脚した視点、視座を高めます。

3事前アセスメント

経営者として必要とされるディメンションを設定し、論文形式によるアセスメントを行います。
これによりご自身の特性(強み、弱み)を把握したうえで効果的な学習をすることができます。

4小論文フィードバック

各セッションテーマに関する自分の考えを小論文としてまとめることで整理され、ご自身の思考が「見える化」されます。それを題材にファシリテータから成長のためのアドバイスを行います。

参加企業(一部抜粋、会社名50音順)

  • オリンパス株式会社
  • 株式会社かんぽ生命保険
  • 株式会社芝パークホテル
  • 株式会社SUBARU
  • 積水化学工業株式会社
  • 積水化成品工業株式会社
  • 全日空商事株式会社
  • 東北電力株式会社
  • 豊田合成株式会社
  • 株式会社酉島製作所
  • 日本郵政株式会社
  • 播州信用金庫
  • 日立キャピタル株式会社
  • 富士ゼロックスアドバンストテクノロジー株式会社
  • 富士レビオ株式会社
  • メタウォーター株式会社

受講者の声(アンケートより抜粋)

  • 経営者に求められるリーダーシップ、経営者講演等、リーダーに求められる共通項があり、自分自身の軸を再確認できました。
  • 同世代、同ポジションの参加者の皆さんの貴重な意見、考え方を確認できるので、自分の立ち位置を再確認できる場でした。
  • 受講生の方々が前回までに学んだことを実務に活かし、変わりつつある姿を目にして、改めて変革するとはどういうことか、リーダーシップをとるとはどういう事かを教えられました。
  • 真の経営者が日々どんな思いで会社経営を行い、どんな判断軸で困難に立ち向かっているのか、垣間見ることができました。やはり変革・経営立て直しなど困難を乗り越えた経営者の生の声は本を何冊読んでも読み取れないものが伝わってきました。

インタビュー

教育・研修に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください!

ページの
先頭へ