挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

日本交通 代表取締役社長
知識 賢治 氏 第1回

ちしき・けんじ
1963年生まれ。同志社大学法学部卒業後、85年に鐘紡(後にカネボウ)に入社、化粧品部門に配属。98年、自ら企画立案した新しい化粧品ブランド「リサージ」の社長に就任し、年商140億円にまで育て上げる。2004年、産業再生機構の支援の下、カネボウから分離したカネボウ化粧品の社長に就任し、再生に尽力。10年、テイクアンドギヴ・ニーズ社長に就任。15年、日本交通社長に就任。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

『苦境突破には何のために働くのかを考え抜きやり遂げること』

名門カネボウの危機を産業再生機構とともに再建し、その後もウェディングビジネスの経営を立て直す。
日本交通の直近3年は過去最高の業績を出す好調さだ。
だが、若い頃には働くことの意義に悩んだという。

創業家からのバトンタッチ

日本交通は2018年に創業90周年を迎えたタクシー業界の老舗です。フランチャイズを含むと売上高は950億円で日本最大のハイヤー・タクシー会社であり、運行車両数約7400台は都内最大になります。

日本のタクシー市場は現在、少子高齢化による運送収入の縮小に加えて、ライドシェア、自動運転などこれまでにない大きな環境変化に直面しています。

こうした経営環境を打破するため、2015年に創業家の川鍋一朗は会長となり、新たに設立したIT会社「Japan Taxi」の経営と「全国ハイヤー・タクシー連合会」の活動に専念すると共に、私を社長に招聘し、既存事業を中心とした日本交通全体の経営を任せることにしました。わが社にとって、これからの競合は同業のタクシー会社だけではなく、ウーバーやグーグルなどのIT企業も含まれます。彼らと戦うためにはタクシーにIT技術を導入し、これまでにない新たな付加価値を生み出す必要があります。前社長の川鍋はその仕事に特化しています。

社長に就任した時に川鍋から細かい注文はありませんでした。既存事業を中心とした経営全体を見てほしいというだけです。創業三代の社長が続き、私が初の創業家以外の社長ですから、勇気ある決断だったと思います。私を信頼して任せてくれたことをありがたいと思っています。

社長に就任して半年も過ぎると、川鍋は既存事業の経営にほぼ関わらなくなり、現在は週一回のミーティングで情報の共有や意見交換をするだけです。幸い、直近3年間で過去最高の売上と利益を上げており、社員の成長に裏付けられた成果が出てきたように思います。これまで私は、「売上や利益という数字」だけを追求してきたわけではありません。売上や利益よりも、環境の変化に対応できる“つぶれない会社”になってほしい、苦境を乗り越える力と強さを身につけてほしいと社員にも伝えてきました。

そもそも日本交通の社員は真面目な人が多いのです。運行業務というオペレーションが中心という事業特性が要因でしょうが、決められたことをきちんとこなす誠実さと真面目さがある。その一方で、変化に柔軟に対応することは苦手だったように思います。市場環境やお客様のニーズは変わっているのに、これまで培ってきたオペレーションは変えたくないという意識が強かったのです。そのため、変化に合わせて仕事のやり方を変えていくことが重要なことだと言い続け、それができる社員の育成に力を入れてきました。

ページの
先頭へ