挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

アイロボットジャパン 代表執行役員社長
アイロボット・コーポレイション 副社長アジア太平洋地域統括
挽野 元 氏 第5回

ひきの・はじめ
1967年神奈川県横浜市生まれ。武蔵工業大学大学院(現・東京都市大学大学院)で超音波工学を専攻、修了後、92年に横河ヒューレット・パッカード(現・日本ヒューレット・パッカード)入社。2006年同社執行役員、米国ヒューレット・パッカード副社長。11年日本ヒューレット・パッカード取締役に就任。13年ボーズの代表取締役社長に就任。17年アイロボットジャパン代表執行役員社長に就任。18年4月からアイロボット・コーポレイションのアジア太平洋地域統括副社長を兼任。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

『常識を覆し、新しい価値が求められる時代のリーダーの醍醐味』

ロボット掃除機「ルンバ」を開発したアイロボットは日本法人を設立、本格的な自社製品の普及に乗り出した。
ロボットを通じて世界を変え、人びとの生活をより豊かにしたい。
その思いで日本の市場拡大を狙うリーダーの役割とは何か。

第二の創業期にあるアイロボットへ

HPではその後、上司の推薦もあって2006年に日本HP執行役員と米HP副社長になりました。2011年には日本HP取締役に就任しました。21年間ほど勤務し、社内の仕組みや人事システム、事業の立ち上げ・撤退などを学ばせてもらいました。

2013年には縁があり、ボーズの日本代表を務めることになりました。事業を成長軌道に戻すことがメインのミッションだったのですが、HPでの経験がとても活きました。ボーズはマサチューセッツ工科大学(MIT)教授のアマー・ボーズ博士が創業しましたが、独自の理論で生み出す人びとをリラックスさせる音を通じて社会に貢献することを理念としています。音楽の聴き方も大型スピーカーからコンパクトなイヤホンなどに変化しおり、時代の流れとともに商品ラインナップを大きく変えていきました。

ボーズには4年3カ月勤め、その後にアイロボットへ移ることになりました。ボーズもアイロボットもアメリカのボストン近郊に本社があり、アイロボットの中に数多くのボーズのOBがいて、そこからアイロボットで働くご縁をいただきました。

アイロボットは第二の創業期でスケールアップする時期に来ており、そこを関わることができるのはありがたいと思いました。もともとエンジニアですから、ロボットにも興味がありました。創業者のコリン・アングルと話をして、ロボットで世の中を変えていくと聞き、それはものすごく面白いと思ったのです。

私は創業者タイプではありません。コリンは私と同い年なのですが、起業家精神溢れる人で、創業者と一緒にリアルタイムで仕事をするのは初めてなのでワクワクしました。

ページの
先頭へ