挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

アイロボットジャパン 代表執行役員社長
アイロボット・コーポレイション 副社長アジア太平洋地域統括
挽野 元 氏 第4回

ひきの・はじめ
1967年神奈川県横浜市生まれ。武蔵工業大学大学院(現・東京都市大学大学院)で超音波工学を専攻、修了後、92年に横河ヒューレット・パッカード(現・日本ヒューレット・パッカード)入社。2006年同社執行役員、米国ヒューレット・パッカード副社長。11年日本ヒューレット・パッカード取締役に就任。13年ボーズの代表取締役社長に就任。17年アイロボットジャパン代表執行役員社長に就任。18年4月からアイロボット・コーポレイションのアジア太平洋地域統括副社長を兼任。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

『常識を覆し、新しい価値が求められる時代のリーダーの醍醐味』

ロボット掃除機「ルンバ」を開発したアイロボットは日本法人を設立、本格的な自社製品の普及に乗り出した。
ロボットを通じて世界を変え、人びとの生活をより豊かにしたい。
その思いで日本の市場拡大を狙うリーダーの役割とは何か。

HP流を捨ててコンパック流に染まる

私はヨーロッパ駐在体験を通じて異なるものを受け入れる姿勢が大切だと痛感しました。これは経営という観点でも重要なポイントになります。

異なるものを受け入れることになった、もう一つの体験がHPとコンパック・コンピューターの合併です。

HPはシリコンバレーをつくったと言っても過言ではない会社で、明確なカルチャーを持ち、「HPウェイ」という企業理念を創業時から大切にしていました。人間尊重の理念で、「人間は男女を問わず、よい仕事、創造的な仕事をしたいと願っている」という考え方が根底に流れており、経営者の仕事はその環境をつくることだというのです。私もその考え方に共感し、HPという会社を好きになっていったのです。

ところが、1990年代の後半に、HPの成長力が落ちた時期がありました。もう一度会社を成長路線に戻すため、当時の取締役会がカーリー・フィオリーナ氏をCEOとして招聘する決断をしました。HP社始まって以来、初めての外部からのCEOです。

その再建の一環で、HPは2002年にコンパックを買収したのですが、両社はまったく文化が違うので、社員たちはとても戸惑いました。HPはおっとりしており、長期の事業計画を好むのに対して、コンパックは合理的で数字をもとにした判断を重視し、短期で決めていきます。

ロゴマークの色がHPは青色であるのに対して、コンパックは赤色だったので、自分たちの出身母体によって、社員は青組、赤組と呼ばれていました。私が所属していたパソコン事業はコンパック側にまとめることになり、HPのパソコン事業部の人たちはバラバラになりました。

当初は、HP流で仕事を進めようとしたのですが、誰も話を聞いてくれない。仕事にならないので、最終的には納得しないまま、自分のやり方を捨ててコンパック流に従うことにしました。青から赤に変わったわけです。だから、昔の仲間からは「魂を売ったのか!」と言われたものです(笑)。しかし、あれほどこだわっていたHP流もいったん離れると大したことはない。別に天地がひっくり返ったわけではありません。逆に違うやり方を学びました。その間、コンパック出身者も少しずつHP流を理解するようになりました。

私が担当したノートパソコン部門では、10万円を切るリーズナブルな価格帯の商品を出して成功し、部内の士気も上がりました。あえて自分を捨て、異なるものを受け入れることがいい結果につながったのです。

ページの
先頭へ