挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

アイロボットジャパン 代表執行役員社長
アイロボット・コーポレイション 副社長アジア太平洋地域統括
挽野 元 氏 第3回

ひきの・はじめ
1967年神奈川県横浜市生まれ。武蔵工業大学大学院(現・東京都市大学大学院)で超音波工学を専攻、修了後、92年に横河ヒューレット・パッカード(現・日本ヒューレット・パッカード)入社。2006年同社執行役員、米国ヒューレット・パッカード副社長。11年日本ヒューレット・パッカード取締役に就任。13年ボーズの代表取締役社長に就任。17年アイロボットジャパン代表執行役員社長に就任。18年4月からアイロボット・コーポレイションのアジア太平洋地域統括副社長を兼任。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

『常識を覆し、新しい価値が求められる時代のリーダーの醍醐味』

ロボット掃除機「ルンバ」を開発したアイロボットは日本法人を設立、本格的な自社製品の普及に乗り出した。
ロボットを通じて世界を変え、人びとの生活をより豊かにしたい。
その思いで日本の市場拡大を狙うリーダーの役割とは何か。

ヨーロッパ駐在体験で変わった

入社2年目に、転機が訪れました。1人で海外出張をすることになったのです。1人なので文句など言う時間もなく、自分が何から何までやるしかなかったのです。当時の上長はいい意味の放任主義で、ガイドだけ出して後は自分で考えろというスタイルでした。

いま考えてもHPはすごい会社だなと思うのですが、入社2年目の若者が日本の代表としてHP本社の会議に臨むのです。サンフランシスコでレンタカーを借りて、パロアルトにある本社まで行く経験もしましたが、いま考えるといい想い出です。

前夜、徹夜でつくったスクリプトを下手な英語で読み上げて、出席者の皆さんには質問にはうまく答えることができないので、後で文書にしてくださいと宣言して、何とかその場を切り抜けました。

その後、フランスのグルノーブルにあるHPのパソコンのグローバルビジネスユニットに駐在する話があり、自分で手を挙げて異動しました。日本は単一民族で、同じ価値観で物事が進む心地よさがある。一方、やはり異文化を体験しないと、自分の仕事の幅が広がらないし、欧米社会で恐らく通用しないと漠然と感じていたからです。前述したように、入社時の英語力はかなりひどいものでしたから、英語教室に通い猛勉強し、実務で英語を使い続け何とか恰好がつくようになりました。しかし、フランス語はまったくできませんから、グルノーブルに行ったときは無力な幼児に戻ったような気持ちで、半年間はとても苦労しました。

赴任した国はフランスですが、オフィスにはヨーロッパ各国からの人がいました。ヨーロッパと言っても国ごとに人柄や物の考え方がまったく違うのだということをここで痛感しました。

例えば仕事を引き継いだオランダ人の先輩は190センチの背丈ですから、私は見下ろされているように感じました。そのうえに、直截的な物言いをしますし、絶えずイエスかノーを迫ります。議論も大好きで、私の歩き方まで議論の題材にされました。その代わり、決断力があり意思決定が早く、何でもすぐ実行します。また、私の上長はフランス人でした。彼はルーズな部分もありますが、創造力が豊かで、ルールなど無視する。ルールに則って動く日本人と違い、柔軟な発想を持つ人でした。これは、私にとって非常に新鮮な関係でした。『異文化理解力』(2015年、英治出版)という本で有名になった組織行動学者のエリン・メイヤー氏がつくった国民性を分類した「カルチャーマップ」があります。「感情的か理性的か」「対立を好むか回避するか」の4軸で分けていますが、日本人は理性的かつ回避的であるのに対して、フランス人は真逆の感情的かつ対立的です。オランダ人は理性的かつ対立的と分類されており、なるほどと思いました。

それぞれの国には独自の国民性があるわけで、ここはヨーロッパであるからといって、ヨーロッパ流をすべてまねる必要はありません。ただ、それを理解する必要はある。そのうえで、自分は日本人として(さらに言うと自分として)の個性で、堂々と表現すればいい。別に卑屈になることはないと気づいたのです。ただし、自分が胸襟を開かないと相手も開いてくれません。これは国民性ではなく、人間として当然のことです。

ページの
先頭へ