挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

アイロボットジャパン 代表執行役員社長
アイロボット・コーポレイション 副社長アジア太平洋地域統括
挽野 元 氏 第1回

ひきの・はじめ
1967年神奈川県横浜市生まれ。武蔵工業大学大学院(現・東京都市大学大学院)で超音波工学を専攻、修了後、92年に横河ヒューレット・パッカード(現・日本ヒューレット・パッカード)入社。2006年同社執行役員、米国ヒューレット・パッカード副社長。11年日本ヒューレット・パッカード取締役に就任。13年ボーズの代表取締役社長に就任。17年アイロボットジャパン代表執行役員社長に就任。18年4月からアイロボット・コーポレイションのアジア太平洋地域統括副社長を兼任。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

『常識を覆し、新しい価値が求められる時代のリーダーの醍醐味』

ロボット掃除機「ルンバ」を開発したアイロボットは日本法人を設立、本格的な自社製品の普及に乗り出した。
ロボットを通じて世界を変え、人びとの生活をより豊かにしたい。
その思いで日本の市場拡大を狙うリーダーの役割とは何か。

ロボットを通じて「世界を変えよう」

いまや、いろいろなメーカーから一般家庭用のロボット掃除機が発売されていますが、その先駆けとなったのがアメリカのアイロボットが開発した「ルンバ」です。2017年4月に日本法人であるアイロボットジャパン合同会社が設立され、私が初代の代表に就任しました。

アイロボットは、1990年にマサチューセッツ工科大学(MIT)の人口知能研究所にいたコリン・アングルなど3人のエンジニアが集まり、狭いアパートの一室からスタートしました。その後、さまざまな実用的ロボットを開発し、家庭用ロボットでは世界ですでに2500万台以上を販売しています。

創業者のコリン・アングルはエンジニアとして一流であるだけでなく、人間的にも魅力のある人で、周囲の人の話をよく聞き、気遣いをしてくれます。彼の部屋でロボットについて聞くと、まるで子どものように楽しそうに話すのでこちらも引き込まれてしまうので。
こうした創業者の精神がアイロボットのカルチャーを明確にしています。アイロボットにはカルチャーを表す5つのキーワードがあります。中でも私が好きなのが「Change the world/世界を変えよう」です。

私たちはロボットを通じて世界を変え、人びとの生活をより豊かにしたいと考えています。以前よりは一般家庭での普及率が上がったとはいえ、国内ではわずか5%足らずに過ぎません。私たちアイロボットジャパンの使命はロボット掃除機を一家に一台普及させることです。私は日本法人の代表であると共に、アジア太平洋地域を統括する立場でもありますので、日本以外の地域での事業拡大も視野に入れています。

現在、日本ではペットを飼っている家庭や共働きの世帯でのロボット掃除機の普及率はやや高いですが、こちらにもまだ伸びしろがあると考えています。窓拭きロボット「ブラーバ」も認知され始めました。日本法人ができたことで、日本のお客さまの声を反映した商品開発やカスタマイズも進んでいます。出荷台数が増えていくと、物流や倉庫の体制整備、お客さまのサポート体制の強化も含めて、業務の標準化と効率向上が必要になってくるので、それが喫緊の私の課題でもあります。

ページの
先頭へ