挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

挑戦する経営者のリーダー論
X-TANKコンサルティング 代表取締役社長CEO 伊藤 嘉明 氏 第4回

いとう よしあき
1969年、タイ・バンコク生まれ。米コンコーディア大学卒、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得、タイ企業、日本コカ・コーラで最年少部長、デルでは7期連続赤字部門を6期連続売上目標達成。V字回復し、レノボ米国本社で戦略担当、アディダスジャパンでは20%落ちた売上をリーマンショック時にもかかわらず25%伸ばしV字回復、ソニーピクチャーズ エンターテインメントではマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』を230万枚までヒットさせ世界最優秀リーダーに選抜。ハイアールアジア(現アクア)社長兼CEOとして三洋電機時代から続いた15年連続赤字を就任一年で黒字化。ジャパンディスプレイ常務執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサーとして経営再建に携わる。現在はX-TANKコンサルティングCEO。2015年、日経ビジネスの『次代を創る100人』に選ばれる。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(2015年、東洋経済新報社)など。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

日本人よ、覚醒せよ!
いまこそVUCA時代に備えよ

VUCAという言葉に惑わされ、
予測できるものにさえ思考停止に陥ってしまう日本人は多い。
では、VUCA時代への備えとして
経営の意思決定のあり方、そして働き方はどうあるべきか。
これからの日本人のあるべき姿を提示する。

あなたの違和感に耳を傾けよ

では、社長はスーパーマンでなくてはならないのか。いえいえ、スーパーマンはそんなにはいません。だからこそ、現場に近いビジネスリーダーがアラートを出さなければならない。幹部に求められる責任は重大です。では、どうあるべきなのか。自らの心の声に向き合うことです。何かに接したとき、違和感を感じたら、それを大事にするとよいのです。

これは私が二〇一七年に上梓した『差異力』(総合法令出版)の中でも指摘していますが、自分が「何がおかしい、変だな」という第六感というのか、動物的勘、突き詰めれば危険察知能力というのか──。この業界の常識だから、という言葉に惑わされずに、その違和感は何だろうと考え抜くことなのです。周囲からも指摘を受けるのですが、「伊藤さんの生まれや、キャリアだからできるのでは?」と言われることもある。もちろん多様な文化に接してきた生い立ちや複数のビジネス経験が、私のベースになっていることは否定しません。ここで申し上げたいのは、自分が受けた違和感は何なのか、その原因を突き詰めていくことが重要なのです。

そして、自分の人生を他人に委ねてはいけない。自分がいまいる会社でやり遂げたい仕事なら、常識にとらわれず、違和感に耳を傾けながら、自分の信じることを為すのです。エスタブリッシュな企業で部長職に就いていいた私の友人らは、いまや早期退職を迫られる大企業の部長クラスで、そこの企業しか知らない四〇代、五〇代になりました。たしかに二〇年前、三〇年前は日本の産業の雄であったかもしれない。だが、いまになってみれば同じ業界を極めること自体が重要な意味を持たなくなったのです。つまり、大企業は思考停止した人間だけが生き残れる究極なエコシステムでもあるのです。

私はビジネスリーダーであって、起業家ではありません。組織が抱える機能障害をいかに取り除くことができるのかを、この違和感を持ってやりきることを得意としています。では、組織の機能障害とは何か。信頼の欠如、論争への恐れ、コミットメントの欠如、説明責任の回避、結果へのこだわりのなさ。先ほども、当事者意識がないビジネスパーソンが多いことを申しあげましたが、まさに、思考停止に陥った日本人の特性であり、組織の機能障害そのものと言えませんか。

これを乗り越えるには、GRITが必要です。Gはguts(度胸)で、Rはresilience(復元力)です。Iはinitiative(自発性)、Tはtenacity(執念)、このうち日本人に足りないのは、IとTの自発性と執念です。おやっと思う方もいるでしょう。日本人の粘り強さはお家芸にも匹敵するというのが一般的ですが、ただ私に言わせると転勤、異動があり、真にその社員のキャリアを考えたものでは決してありません。会社に対して執念を持つよりも、仕事に持つべきでしょう。仕事のスキルに幅を持たせていき、自分自身の価値を維持できるかという視点で考えるべきなのです。これこそ、プロたる者の執念だと思います。

先ほども触れましたが、日本コカ・コーラで部長になったとき、私は上司に「日本ではこんな抜擢人事は受け入れられない」と言いました。当時の直属の上司であったホフマン副社長は「経験や知識、年齢は関係ない。大切なのは姿勢だ」と言ったのです。私は、この言葉に勇気づけられ、全身全霊でやり遂げてやるという気になったものです。ホフマン副社長の「姿勢」という言葉を、私なりに解釈すると、これまでの知識や経験が常識という名の下で、自由な発想を阻害しかねないことだと。自由な発想で、自らコントロールして、やり遂げることが重要であり、これこそ自発性そのものであると認識しました。

この仕事は構造改革担当がやればいい、これはプロの誰かに任せておけば安泰だろう、などと多くの社員は思いがちです。しかし、そのような時代は終わりました。いまの日本企業は危機的状況に陥っているのです。ビジネスリーダーこそ、常に改革に臨むべきでしょう。さぁ、VUCA1.0がやってくる前に、自分のこととして自発的に執念を持ち、やり遂げるときが来たのです。

(4/4ページ)

ページの
先頭へ