挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

挑戦する経営者のリーダー論
X-TANKコンサルティング 代表取締役社長CEO 伊藤 嘉明 氏 第3回

いとう よしあき
1969年、タイ・バンコク生まれ。米コンコーディア大学卒、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得、タイ企業、日本コカ・コーラで最年少部長、デルでは7期連続赤字部門を6期連続売上目標達成。V字回復し、レノボ米国本社で戦略担当、アディダスジャパンでは20%落ちた売上をリーマンショック時にもかかわらず25%伸ばしV字回復、ソニーピクチャーズ エンターテインメントではマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』を230万枚までヒットさせ世界最優秀リーダーに選抜。ハイアールアジア(現アクア)社長兼CEOとして三洋電機時代から続いた15年連続赤字を就任一年で黒字化。ジャパンディスプレイ常務執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサーとして経営再建に携わる。現在はX-TANKコンサルティングCEO。2015年、日経ビジネスの『次代を創る100人』に選ばれる。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(2015年、東洋経済新報社)など。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

日本人よ、覚醒せよ!
いまこそVUCA時代に備えよ

VUCAという言葉に惑わされ、
予測できるものにさえ思考停止に陥ってしまう日本人は多い。
では、VUCA時代への備えとして
経営の意思決定のあり方、そして働き方はどうあるべきか。
これからの日本人のあるべき姿を提示する。

舵を切れるのはマネジメントだけ

JDIは二〇一八年七月に企業ビジョンを変えました。これまではセンサーの部品製造という発想しかなかったものを、「私たちの行動一つひとつが、未来をつくっている。思い描いていることを、見・聞き・触れ・香り・味わえる現実に変え、世界のあたり前をはるかに超えた体験をつくり出していく」という文言を入れました。これによって、社員の意識の中にあった「ディスプレイ」という枠組みから、五感というインターフェースを意識させたために、事業ドメインは格段に広がりました。

ご存知のように日本のセンサー関連技術は世界シェアの五割以上を占めるにもかかわらず、このセンサーから得た情報を活用したり、システム全体を構築する力が欠けている。ここを払拭しなければならないと、社員に明確に伝えていきたかったのです。IoT、AIの時代に経営者は業界の常識だけにとらわれず、センシングとテクノロジーの可能性を探らなければならないのです。これは、マネジメントにしか判断できず、かつ舵を切ることができないのです。

では、どうしたら舵を切れる能力が身につくのか。それには「シミュレーション能力」と「反射神経」を鍛えるべきでしょう。常に考えシミュレーションを行っていいると、自分自身の引き出しが増える。反射神経はいざというときに、俊敏な行動へとつなげられる。これこそ、意思決定のスピードも上がっていくものなのです。私の場合は二〇一七年四月にこの会社に来て、八月にはベンチャー企業群との提携を決め、三カ月で商品コンセプトを決めて、年末には新製品コンセプトを発表しました。こうしたスピード感を持って事業を推進し意思決定できるのは、トップに与えられた権利でもある。マネジメント層にしか、組織をあるべき方向へと舵を切ることができないのです。

その舵を切る判断には、経営者が常に異業種他社を見ていることが求められるのです。哲学者ニーチェが「脱皮できな蛇は死ぬ」と言った言葉どおり、IBMはメーカーからサービス業に転換しました。これは大きな選択で、これこそ経営者にしか判断、意思決定ができないことなのです。

次は「あなたの違和感に耳を傾けよ」です。

(3/4ページ)

ページの
先頭へ