挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

挑戦する経営者のリーダー論
X-TANKコンサルティング 代表取締役社長CEO 伊藤 嘉明 氏 第2回

いとう よしあき
1969年、タイ・バンコク生まれ。米コンコーディア大学卒、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得、タイ企業、日本コカ・コーラで最年少部長、デルでは7期連続赤字部門を6期連続売上目標達成。V字回復し、レノボ米国本社で戦略担当、アディダスジャパンでは20%落ちた売上をリーマンショック時にもかかわらず25%伸ばしV字回復、ソニーピクチャーズ エンターテインメントではマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』を230万枚までヒットさせ世界最優秀リーダーに選抜。ハイアールアジア(現アクア)社長兼CEOとして三洋電機時代から続いた15年連続赤字を就任一年で黒字化。ジャパンディスプレイ常務執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサーとして経営再建に携わる。現在はX-TANKコンサルティングCEO。2015年、日経ビジネスの『次代を創る100人』に選ばれる。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(2015年、東洋経済新報社)など。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

日本人よ、覚醒せよ!
いまこそVUCA時代に備えよ

VUCAという言葉に惑わされ、
予測できるものにさえ思考停止に陥ってしまう日本人は多い。
では、VUCA時代への備えとして
経営の意思決定のあり方、そして働き方はどうあるべきか。
これからの日本人のあるべき姿を提示する。

ベースラインを変えるとき

昨今の働き方改革では厚生労働省でさえ、兼業や副業を原則容認と言い出しました。二つの肩書や名刺を持つことは、もはや海外スタンダードとなっています。こうした動きは予測可能なことだったのに、「許可する」「検討中」の企業を入れてもまだ二割にも満たない。その効用は、企業側にとっては柔軟な働き方によって優秀な人材を集めやすい、ブランドイメージも上がります。働く側にとっては、経営者マインドも培われスタートアップ企業が出てくる頻度も上がるし、地域に貢献できる事業が起こせるかもしれない。これに対応しても、所詮VUCA0.0対応でしかないのです。これにも、いまだ着手しないのは、思考停止に陥っていると言わざるを得ない。

もう一面から論じてみましょう。社員の皆が組織や事業のドライバーであり、チェンジエージェントでなければならないのです。私はある会社の経営再建時に社員一〇〇〇人との対話集会をしました。皆、立派な大学を出ており、優秀な頭脳を持っている。しかし、この会社の危機的な状況に対して、当事者意識もなく自発的に考えようともしないし、改革をやり遂げようという気もない。雇われ経営者の私に頼りきっている。執念というものを、まったく感じられませんでした。

多くの日本人が当事者意識があって取り組んでいれば、これだけ社会問題化している過労死が「KAROUSHI」などど、世界に響き渡るわけがない。ここに日本人としての「長いものに巻かれる」ことを、よしとするDNAが潜んでいるのです。

日本人は農耕民族的な発想と行動をとると言われますが、たしかに海外の友人たちとビジネスの話をしていると、彼らの思考パターンと異なると感じるときがある。日本人の多くは雨は神頼み、小作民であれば土地のみならず鍬さえも借りて、夕暮れになれば地主に鍬を返す農耕民族なのです。翻って、いまや隆盛を極めるGAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)は狩猟民族(遊牧民)です。では、中国や韓国企業はどうでしょうか。彼らは騎馬民族で機動力があって、動いている獲物をさっと奪う力はものすごい。時代を読む目は聡く、時代をつくり出す。物事を展開していく、テリトリーを広げていく、エクスパンションする力は絶大なんです。ハンターも小作民も到底かなわない。だからこそ、私は日本人に「鍬を捨てろ!」と言いたい。

私は三一歳のときに日本コカ・コーラでマーケッティング部長をやりました。このときに、我々の部門だけは、在宅勤務、コアタイムの導入、PHS使用を勝手に進めたのです。いまでは当たり前に多くの企業が導入していますが、二〇〇一年当時は日本コカ・コーラ内でも我々だけ。HR部門が止めにかかったぐらいでした。しかし、この部門を任された以上、生産性向上を図るのも私の重要な役目だと信じ、動じることなく勝手にやりました。何もやらないより、行動を起こし、よりよい方向へ導く──これが、リーダーの務めだと確信していたからです。一方、何もしない日本人のことを、私は小作人の呪縛と表現します。

グローバルに目を向ければ、日本人は覚醒せざるを得ない。村社会に生きていては、日本人の執念のなさがわからない。これを取り戻すためにも、そろそろベースラインを変えていかなければならないときを迎えました。

次は「舵を切れるのはマネジメントだけ」です。

(2/4ページ)

ページの
先頭へ