挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

挑戦する経営者のリーダー論
X-TANKコンサルティング 代表取締役社長CEO 伊藤 嘉明 氏 第1回

いとう よしあき
1969年、タイ・バンコク生まれ。米コンコーディア大学卒、サンダーバード国際経営大学院ビジネススクールでMBAを取得、タイ企業、日本コカ・コーラで最年少部長、デルでは7期連続赤字部門を6期連続売上目標達成。V字回復し、レノボ米国本社で戦略担当、アディダスジャパンでは20%落ちた売上をリーマンショック時にもかかわらず25%伸ばしV字回復、ソニーピクチャーズ エンターテインメントではマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』を230万枚までヒットさせ世界最優秀リーダーに選抜。ハイアールアジア(現アクア)社長兼CEOとして三洋電機時代から続いた15年連続赤字を就任一年で黒字化。ジャパンディスプレイ常務執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサーとして経営再建に携わる。現在はX-TANKコンサルティングCEO。2015年、日経ビジネスの『次代を創る100人』に選ばれる。著書に『どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力』(2015年、東洋経済新報社)など。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

日本人よ、覚醒せよ!
いまこそVUCA時代に備えよ

VUCAという言葉に惑わされ、
予測できるものにさえ思考停止に陥ってしまう日本人は多い。
では、VUCA時代への備えとして
経営の意思決定のあり方、そして働き方はどうあるべきか。
これからの日本人のあるべき姿を提示する。

UVCA以前の問題に向き合おう

VUCAという言葉は、二〇〇三~〇四年ごろからアメリカで使われ始めた言葉なのです。この二~三年、やっと日本でも聞かれるようになったのは、二〇一六年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で議題にのぼったということもあるでしょう。しかし、私が企業の経営幹部の人たちにお目にかかったときに、この言葉についてお聞きしてみるのですが、約四、五割が言葉は知っているが意味はよくわからないという。そして、本当の意味を知っている人は一、二割いるかどうかなのです。経営者にとって、最も重要なキーワードであることを、冒頭に申し上げたいのです。

ところで、私はタイで生まれ、アメリカの大学院で学び、グローバル企業、日本・韓国企業の経営に携わりました。この経験をもとに、VUCA時代への備えとしての考え方、経営の意思決定の仕方、そして働き方について、これからの日本人のあるべき姿を提示したいと思います。

日本企業の代名詞といえば「決断力がない」「意思決定のスピードが遅い」などとよく言われます。例えば、あるプロジェクトを行うとき、主たる関係者だけ集めて事前会議、そして全員集めて本会議、その後に具体的対策などを検討するフォローアップ会議と、一つのことを決めるのに三回会議が行われるのです。多くの日本企業にとっては、これが普通ではありませんか。もう一つは、稟議。昨今は判子の数が減ったとはいえ、係長、課長、部長、本部長、担当役員、常務、専務と判子は続く。これを私は揶揄して、「スタンプラリーの文化」と言っています。

さて、VUCAとはご存知の通り、四つの単語である、Volatility(変動制)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った単語です。現代の混沌とした経済、社会を指しています。もともと一九九〇年代にアメリカの軍事用語として用いられ、一言で言うなら「予測不能な状態」を意味します。

日本でも経済環境や企業動向、組織のあり方、そして個人のキャリアに至るまでの、すべてを取り巻く環境が複雑さと将来への予測が困難な状況になったために使われ始めたのです。

そこで私が強調したいのは「VUCA」と一概に言っても、予測できるものと、まったく予測できないものがあるということです。この予測可能なものはVUCA0.0と名付け、VUCA時代に備えるべき前提としています。本来、予測不能なものはVUCA1.0。しかし、多くの日本人は、この二つを混同している。「予測不能」という言葉に惑わされ、VUCA0.0レベルのことも事が起こったら対処すればいいと考えている。現実と向き合わずに思考停止になっている状態なのです。

なぜ、こんな話をするかというと、最近「プロの経営者」という言葉を使われるマスコミが多いですが、ではアマチュアの経営者がいるでしょうか。私はプロとしての自覚も裁量もありますし、責任を負ってやっています。一歩譲って、マスコミの意図を咀嚼すれば経営者として渡り歩くことを言いたいのでしょう。こんなところにも、思考停止をしてしまう日本の社会があります。職種、職制、雇用形態にかかわらず、お金という対価をもらっているなら、アルバイトであれ、パートタイマーの身分であれ、働く人は皆プロとしての自覚を持つべきなのです。

では、なぜ思考停止になってしまうのか。その要因はいくつか考えられます。まず、組織内の仕組みが悪いことが挙げられます。人事評価にしても、二段、三段飛びの人事なんてあり得ません。しかし、アメリカやアジアでは普通に行われています。これは刺激的であり、モチベーションに大きく関わってくる。ここを改めない限り、社員らに戦う姿勢は生まれません。それと権威委譲が行われていないこと。これでは上からの指示で動く方がラクなため、当事者意識を持たなくても仕事をやったような気がする。だから、思考停止であっても気にならないのです。

次は「ベースラインを変えるとき」です。

(1/4ページ)

ページの
先頭へ