挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

挑戦する経営者のリーダー論
キヤノン電子 代表取締役社長 酒巻 久 氏 第2回

さかまき・ひさし
一九四〇年生まれ。六七年にキヤノンに入社。複写機、ワープロ、インクジェットプリンターなどの開発で手腕を発揮、九六年に常務取締役生産本部長に就任、セル生産方式の導入に尽力。九九年、キヤノン電子の代表取締役に就任。高収益企業に再生した。『リーダーのための伝える力』(二〇一四年、朝日新聞出版)ほか著書多数。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

徹底したコスト削減・生産性向上策の裏には
人間を尊重する経営があり、
実質赤字であったキヤノン電子を優良企業へと変貌させた。
改革を断行した酒巻氏の手腕は、独創的な発想や経営で知られている。
四〇年前から働き方改革を推進し、近年は宇宙ビジネスにも進出する、
遥か遠くを見据えた視座、経営哲学はいかにして生まれたか。

考えるクセを身につけてほしい

ルールを守るだけでなく、動機付けも重要で、社員の意識を変えるために「ピカ一運動」を始めました。職場グループごとにテーマを設定し、改善に取り組みます。これまで「出前迅速(すぐやる課)一番」「新技術で一番」「あいさつ一番、やる気一番」「効率、機能レイアウト一番」などのテーマがありました。間接部門でも同様に厳しく無駄を排除しました。特にパソコンは無駄の“宝庫”で、メールやネットサーフィンで遊んでいる社員が多いことが調査でわかりました。現在、基本的に管理職は始業から一時間はパソコンの使用を禁止、メールでなく、直接相手に会って話をするようにしています。夕方六時以降は申請がない限り、社内ネットワークにつながるパソコンはすべて電源が切れるように設定されています。残業は特例で、業務時間内に終わらせることが基本です。ただし、新しい研究開発の場合は残業を認めています。会議は立って行うほうが効率的で短時間で終わるため、社内には立ち会議専用机を配置しています。いちいち部署ごとに全員集合せず、必要な最低限の人たちがさっと集まり、話し合って一五分程度で切り上げるほうが情報共有も進みます。

ですが、コストを削減するばかりではなく、かけるところにはお金をかけています。業務の生産性向上に寄与した社員には報奨の品を渡し、私が直筆で社員の家族に感謝の手紙も添えます。社員食堂も充実させ、料亭並みの品質のメニューを五〇〇円で提供しています。注文してからつくるのでおいしいし、野菜、ごはん、コーヒー、ジュース類はおかわり自由です。夜間に残業している社員は無料で食べることができます。利益還元も行い、ボーナスの他に、五月連休前、夏休み前、クリスマス前に現金を渡しています。プレミアムフライデーも社員の反対を押し切って導入し、早く退社して遊びや飲みに行くのではなく、自宅に帰り、家事を手伝うなど家族との時間を大切にしてほしいと思っています。普段やらない家事をすれば、創造性も高まり、仕事にも活きてきます。実際、二時間以上の生産性の向上がプレミアムフライデーのおかげで実現しています。

こうした一連の施策は、全従業員に「考えるクセ」を身につけてもらいたいと考えているからです。現状を認識し、反省するべきは反省し、自ら考えて行動する。こうした社員が増えれば、会社は伸びる。一方、自主性がない指示待ち社員ばかりだと会社はダメになっていきます。

生産性向上のカギを握るのは、従業員の意識改革と緊張感の持続です。緊張感を失うと、どんな生産方式でも効率が低下し、不良品の発生率も増えます。工場を見学すると、帽子を取って礼をしてくれる従業員がおり、礼儀正しい会社と思われていますが、私に言わせるとそれはダメな会社。緊張感を持って仕事に集中していたら周りの人間など目に入りません。最近頻発しているメーカーのデータや検査値偽装事件はトップ自身が緊張感のない証拠です。企業は上から腐っていくのです。

次回は「経営の神髄は人間尊重にあり」を紹介致します。

(2/3ページ)

ページの
先頭へ