挑戦する経営者のリーダー論 ~経営者コラム~

挑戦する経営者のリーダー論
キヤノン電子 代表取締役社長 酒巻 久 氏 第1回

さかまき・ひさし
一九四〇年生まれ。六七年にキヤノンに入社。複写機、ワープロ、インクジェットプリンターなどの開発で手腕を発揮、九六年に常務取締役生産本部長に就任、セル生産方式の導入に尽力。九九年、キヤノン電子の代表取締役に就任。高収益企業に再生した。『リーダーのための伝える力』(二〇一四年、朝日新聞出版)ほか著書多数。

「未踏の時代のリーダー論」(日本能率協会「編」:日本経済新聞出版社 出版より抜粋)

徹底したコスト削減・生産性向上策の裏には
人間を尊重する経営があり、
実質赤字であったキヤノン電子を優良企業へと変貌させた。
改革を断行した酒巻氏の手腕は、独創的な発想や経営で知られている。
四〇年前から働き方改革を推進し、近年は宇宙ビジネスにも進出する、
遥か遠くを見据えた視座、経営哲学はいかにして生まれたか。

危うい昨今の働き方改革

昨今、政府の主導で多くの企業が取り組んでいる働き方改革を見ると、日本がつぶれるのではないかと危うい気がします。本来の意味の働き方改革は、社員個々の能力を発揮させて、生産性を改善することだと思いますが、世の中では変えるべきことを変えず、変えるべきでないことを変えようとしています。やらなくてもいいことを完璧にやることが会社にとって一番よくないのです。

私はキヤノンの生産本部で働いていたときから、ざっと四〇年も働き方改革を考えていました。要するに勤務時間ではなく、成果で評価するべきであり、生産性向上のためには徹底して無駄を排除する必要があります。

しかし、当時はなかなか受け入れられず、一九九九年にキヤノン電子の社長になってから蓄積してきた考えを次々に実践しました。あの頃、キヤノン電子は実質赤字経営で、多額の借金と不良資産を抱え、売上高経常利益率は一・五%でした。この会社を利益率一五%以上で世界トップレベルの高収益企業に再生すると目標を立てたのです。

経営改革の順番は、以下のとおりです。
①コスト削減、経費資源の無駄を省く
②営業収支を改善し、利益優先に変える
③自己資本を充実させ、無借金化を図り、研究開発資金を確保する
④コアビジネスと技術を見直して強化し、変化への対応力を強くする
⑤顧客重視主義を徹底する

まずは、無駄を排除するため、「TSS1/2」という目標を打ち出しました。「Time & Space Saving」の意味で、時間、スペース、不良率、人と物の移動、電気使用量を従来の二分の一にすることを目指しました。無駄のないセル生産方式を定着させるために、工場内は疲労感のないぎりぎりの速さ、五メートルを三・六秒で歩くことを徹底しました。遅れると、ベートーヴェンの『運命』が流れるようになっています。この速度感で手を動かすことが最も効率的であることは実証済みで、生産性は従来の四倍以上になりました。二年半で「TSS1/2」目標を達成でき、二〇〇三年からは「TSS1/4」の新目標を設定、当初から比べれば八倍も生産性が上がったことになります。

次回は「考えるクセを身につける」を紹介致します。

(1/3ページ)

ページの
先頭へ