よくあるご質問

なぜ選抜教育に外部セミナー派遣が有効なのでしょうか?社内研修だけでも十分な気がしますが。

社内で実施した研修での受講者の学びの価値と、外部派遣での受講者の学びの価値は、大きく異なります。
外部派遣型の受講者の学びは、他社との交流を通じて「視点、視座、優先順位、軸」の違いに気づき自省へつなげることができます。
社内で実施した研修での受講者の学びは、他部門の現状の認識ができた、他部門との交流のきっかけを得たといったような、社内理解を深めることができます。
研修やセミナーで何を求めるかにより外部セミナー派遣か社内研修かが変わってきますが、階層が高い部長以上クラスは“気づき”により成長させることが理解度と納得度合が高くなります。

ご希望の場合は外部派遣における代表的なアンケート結果をご紹介しますのでお問合せ下さい。

経営者選抜の仕組みはどのようにするとよいでしょうか?

【経営者像の明確化】企業により求められる経営者像が異なります。どのような経営者を育成したいのかといった求められる経営者像を明確にし、それを実現させるためのコースを選定することがよいと思われます。

どの階層から選抜教育を実施すべきでしょうか?

社員教育の理想は、教育体系図を設計することです。思いつきで育成をすることから脱し、計画的にタイミングや必要性のある人に教育を受けてもらうための設計図となります。
多くの社内教育は階層別教育、自己啓発、OJT、選抜教育から成り立っており、その要素を上手く組み合わせて体系を作っているケースがほとんどです。
よくあるパターンとしては、まず階層別教育で多くの対象者で底上げ型の教育を設計し、その階層の中から次のポジションに着任する可能性の高い人を選抜して教育を行うパターンか、将来の幹部候補生として課長クラスから選定し計画的に長期間かけて育成するパターンも多いようです。
その他、ある階層に昇格者が複数外部派遣セミナーから自分で選び申込みを受け付けする会社もあります。

※参考「次世代経営者研修を実施している層」

小会では企業の経営者を育成するための体系づくりのアドバイスも行っております。豊富な他社事例や経験から最適な体系をご提案させていただきます。

※参考「階層別教育+選抜教育の設計図のベース」

選抜教育を実施する部門はどこでしょうか?

人材育成の役割を担っている部門は人事部や教育部だと思いますが、各事業部門(営業や生産など)ごとに将来の幹部候補者の育成として計画をしているケースも多いです。(生産部門や営業部門の幹部候補者が多数)

MBAとの違いやMBAと比較して優位な点はどのようなところですか?

MBAは経営に関する「知識(パターン・コツ)」を学ぶのに対し、JMIでは経営者が持つべき「考え方(軸・ものの見方)」の修得を目指します。知識の習得は重要ですが、「考え方」の修正は学習機会が限られ、教えることが難しいものです。

「考え方」は応用が効き、あらゆる状況に対応する力となります。不確実性がますます高まる今の時代にあっては、「考え方(軸・ものの見方)」のブラッシュアップが経営者必須の能力であると考えています。

また、経営者はどのような「思い」を持つかによって大きく意思決定が代わります。何を作り、どのようなサービスを行い、世の中から評価を獲得するかといった行為は全て「思い」で変わります。
思いは「考え方(軸・ものの見方)」から醸成されるため、これを一度取り出し磨き再セットすることが大切ではないでしょうか。

なぜこんなに長いのですか?もっと短くできないでしょうか?

JMIの多くのコースは知識を獲得する単元も多く存在し、知識に関するレベルアップも行います。一方「気づき」には、自身の価値観を崩す「揺らぎ」の時間が必要で、研修と研修の「間」に成長の機会が生じます。
この成長効果を得るため、一定の研修期間をとる設計となっています。
また、長いコースであればあるほど受講者間の絆が強まり一生の仲間ができます。

課題や宿題はどのくらい出ますか?負荷は?

ほとんどのコースが毎回の課題として、事前レポートと課題図書の通読を指定します。
実務を抱えながらの課題の対応となりますが、過去の受講者はしっかりと課題をこなしています。
研修を通して、知的好奇心が刺激され、読書が習慣化される方がほとんどです。

修了後のアウトプットとして何がもらえますか?

修了後に報告書をお届けします。
また、各会期ごとに研修の雰囲気をお伝えするクイックレポートを提出します。

ここから新たな事業が生まれる等、目に見える成果実績はありますか?

同期間で集まり、新たな事業やサービスの検討をしているケースもあると聞いています。各社共同で研修の場をつくるようなケースもあります。

修了後の受講生の関係はどうですか?JMAはフォローしてくれますか?

どの期においても、活発な同期会活動を継続していただいています。
各期の担当者が各同期会についていますが、原則受講者間で運営をしていただいています。
また、毎年修了生を対象にJMAからの継続的な学びの場づくりとして、「年次研修会」を開催しています。

申込みまでの手続きや流れは?

お問い合わせ後、担当者からご説明をした上で申込書をご提出いただきます。
高額の研修プログラムとなるため、内容を十分理解し納得されてからお申し込みいただきたいと考えています。

派遣窓口の手間はどの程度ありますか?

申込完了後は特にありません。
合宿時の海外渡航手続き等もJMAから業者を紹介する等サポートします。

教育・研修に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください!

ページの
先頭へ