プロフェッショナル・ビジネスリーダーコース

「プロフェショナル・ビジネスリーダーコース(PBL)」を受講して(受講者の声)電子部品 S様

みなさんのプレゼンテーションを見させていただいて、今までの方が例外なく会社名と名前を書かれていました。
自分だけ書いていないことにダメだなと感じました。もう一つ、風邪を引いてまして思考回路が低下しています。そこをちょっと考慮してください。まずこの研修に参加した時の第一印象です。みなさんからいろんな説明をされて、我々参加者の四人が回答したときに皆がローツェジャパンのことしか答えられない。連結ということの意識すらなかったのが衝撃的で、外部から見たらそうなんだろうなとは思いましたが、ローツェの人間から見たら関係ない、自分のところの会社だけという考えだなと、そこが一番問題なんだろうなという印象を受けました。

次に印象に残った講義なんですけれども、クモリヤ先生のインテリジェントレイヤーがもっとも印象に残りました。その話の中にあったベーコンエッグも自分で覚悟して、決定していかなければいけないというところについて、ものすごく心に残っています。その講義の時に、確か4チームから一人ずつテーマを出して、そこでなんの車を私が買うか話で議論させていただいて、BMW買うかCHR買うか。結論として、BMWに至りました。あれからいろんなディーラーをまわって、結局、なんで日産なんだと言われるんですけど、日産の車を買うことになりました。その時にいろんな条件を出して、BMWだろという話になったのですが、最終的にはウチの嫁があんたは欲しいということを言わないし、誕生日なので好きなのを買いなさいと、僕自身が好きだということでその車になったんですけれども、いくら考えても考えた通りにはいかないんだなと、時間の経過とともにいろんなことが変わっていって、自分の考えが変われば、周りの考えも変わる。最終的にこんなことになって、考えることは大切なんだけれども、その通りにはいかない。講義を否定するようで申し訳ないですが、そんな風に感じました。

得たものについて、講義の内容を詳細に説明はしていないのですが、ヒエラルキー・ストラテジーなどフレームワークについていろいろ教えていただきました。これについては全く知らなかったわけではなく、使い方についてはどこで使うのだろうとなったんですけれども、これからは使っていけるかなと。あとはわざわざ別項目にしているんですけれども、犬飼先生の講義が印象に残っているかなと思っています。何より大切なのは、ここでご一緒させていただいて、関係のないうちの会社について考えてくださったのはみなさまで、それが一番大切なのかなと思います。

ページの
先頭へ