全日本空輸 武井 浩昭 氏インタビューその1|まさに「トップリーダー」のための講座

武井 浩昭 氏
全日本空輸株式会社
人財戦略室 労政部 労政第一チーム リーダー
(所属・役職 2015年度ご参加当時)

まさに「トップリーダー」のための講座

「リーダーのためのリベラルアーツ講座」に参加したきっかけは?

人事総務部からの推薦で参加しました。「リベラルアーツ」という言葉は聞いたことがありましたが、良く理解できていなかったと思います。
初めは何をどう学ぶのか、参加しながら模索するような状態でした。それぞれのテーマについての知識や理解も乏しいことから参加への不安もありました。ただ、各テーマは自分自身であれば「仕事観」、企業活動をしていく上では「経営観」を定めていくのに必要な要素であることは分かっていたので、それらが少しでも見えてくるといいな、という期待はありました。

印象に残っているテーマはありますか?

「哲学」の単位では事前に「働く喜び」について考える課題がありましたが、そういったテーマについては労務を通じて、ずっと考えていたことなので、すごく興味がありました。
「渋沢栄一」について学ぶことは事業活動をしていく上での基本的な考え方として、大変勉強になりました。また、山折先生(国際日本文化研究センター名誉教授、宗教学者)の話は、日本人の価値観や文化を理解するという、自分に一番不足していた内容でしたので、大変興味深かったです 。もう一度講義をお聞きしたいくらいですね。
この講座を受けることで、「仕事を通じて、考えること」の本質が分かった気がしています。以前は、実際の仕事と各テーマの関係性が理解できていませんでした。例えば、「仕事」と「宗教」。「仕事」と「文化」。「仕事」と「人間観」。今まではそれぞれを結びつけることなく仕事をしてきましたが、受講したことで、関連付けて考えることができるようになりました。 ただ、参加してみて思ったのですが、自分の中にもともと問題意識を持っていないと理解が難しいのかもしれません。 そういう意味では、まさに「企業の中で、これからトップリーダーになる素養を持った人や志を持った人に向けた講座」だと思います。

他の参加者とのディスカッションはいかがでしたか?

勉強になりました。皆さん選ばれてきている人たちばかりでモチベーションが高かったので、議論の質も良く充実していました。いろいろな見方や感じ方、考え方があり、それを知ることで自分の知識や情報にもなる。一人で学ぶより、2倍3倍学ぶことができるような感覚でした。
いろいろな企業から参加されているので、それぞれの課題は違っているのですが、その中にも本質的に共通な部分がある。それに気付けるのもおもしろかったですね。

〜1/3 page〜

リーダーのためのリベラルアーツ講座
ページの
先頭へ