キンコーズ・ジャパン 渡辺 浩基 氏インタビューその1|長期コースで学ぶメリットとは?

JMIビジネス・イノベーションコースの卒業生である、キンコーズ・ジャパン株式会社 取締役 渡辺浩基さんに、コースについて語っていただきました。
日本能率協会の鈴木雄馬がインタビューします。(以下敬称略)

長期コースで学ぶメリットとは?

渡辺
当時の社長から研修前に聞かされていたのは、講師陣が凄いということそして、同じ年代で違う会社の方と、長期にわたって切磋琢磨できるコースだということでした。

鈴木
なるほど。

渡辺
日常業務との調整が大変になるが行ってみたらどう?ということで、結構軽いノリで、参加を決めたことを記憶しています。

鈴木
日常業務から離れてというのは、確かにこのコースのポイントの1つだと思います。
日常業務の延長線上では、なかなか思考の飛躍などは難しいところがあると思いますしね。

渡辺
毎回発見がある、本当に面白い研修だったと思います。

鈴木
9ヶ月間で10回です。

渡辺
今でも受講した内容はかなり覚えている方だと思います。

研修の流れはイメージ的に、大分類、中分類、小分類みたいな感じで。

このコースは、全部受けて初めてその順番の意味に改めて気づかされるというようなものだったと思います。
そこが改めて思い直しても、凄く良かったです。

グローバル視点では、私の非常に弱い部分をグローバルにビジネスをしているメンバーから、彼らの視点や経験から刺激を受けたということが大変大きかったと思います。

フレームワークも学びましたが、それを深掘りするのが目的ではなくて、経営者視点で考える癖をつけるコースだったように思います。

その意味で、自分にとてもフィットする内容だったと思っています。

鈴木
フレームワークなんかは、あくまでもツールなので。

結局それを活用して、どういう変革を起こしてくかとか、どんなビジネスを立ち上げるかというのはリーダーシップの問題になってくると思います。

その辺はこの9ヶ月かけて我々としても訴えたかった部分でもあります。

実際に渡辺さんは、ビジネスモデル・キャンパスを使って戦略を立てていると伺いました。

渡辺
あれはとても使いやすく、且つ理解されやすいので良かったです。

~1/3 page~

事業創造イノベーションコース
ページの
先頭へ