キンコーズ・ジャパン 西條 弘晃 氏インタビューその2|次世代経営者育成のための2つのポイントとは?

JMIビジネス・イノベーションコースに受講生をご派遣いただいた、キンコーズ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 西條弘晃さんに、コースについて語っていただきました。
日本能率協会の鈴木雄馬がインタビューします。(以下敬称略)

次世代経営者育成のための2つのポイントとは?

鈴木
ありがとうございます。

西條
キンコーズにとっての次世代経営者育成ということについては、2つの方策があると思っています。

1つは、リーダーシップを育成するための集合研修なり、教育の場を会社として提供するということです。

但し、誰をどのように選抜するのかということについては、まだまだ我々の場合、人員構成がピラミッド型で底辺のところが非常に大きいので、上位層にその候補となる多くの人材がそろっている訳ではありません。
ですから現在上位層にいるメンバーに限定せず、店舗や営業の現場で、経営方針を理解し、高い志を持って、イノベーションを自ら実践し、実績を上げているという人材を見つけることが必要で、そういうメンバーを積極的に抜擢したいと思っています。
ですから、そのためにきちっとしたリーダーシップ育成という教育の場を、与えるということを会社としてやらないといけません。

もう1つは、教育をしたことを実践させる、そういう場を提供するということなのかなと思います。
それは組織間の積極的な人事異動、あるいは新しい組織を作って、権限を持たせて任せるということですね。

当社は営業部と店舗運営部で組織が分かれているのですが、営業から運営に、運営から営業にという異動はやっていないのが実情です。なぜ出来ていないのかと言えば、キャリアやスキルが異なるという思い込みがあります。今後はこうした組織間の異動もどんどんやっていけば良いのではないかと考えています。

例えば、これまでとは異なる視点を持ち、視野をもっと広げてもらうために、ずっと店舗運営部で成果を出して店長まで上がってきた人に、改めて営業をさせてみるというのもありだと思います。

店舗で仕事をやっていても当然店舗に来られるお客様への接客があり商談も担当するのですが、営業で外に出るとお客様との接点が非常に多くあります。
商談の内容も多岐に渡りますし、かなり違うんですね。
その世界を経験させ実績を上げて、また店舗に戻す。

今度は店舗の運営のリーダーや店長、又エリアのリーダーに抜擢するとか、そういう育成ができると、営業も店舗も両方を経験し、より全体を俯瞰できるようになり、経営層へのキャリア育成がよりスピーディに可能になるのではないかと思います。

社内外での教育、研修の場を提供するということと、それを実際に実践する場や機会を積極的に与える、この2つが重要だと考えています。

~2/6 page~

インタビュー, 事業創造イノベーションコース
ページの
先頭へ