SUBARU  臺卓治 氏インタビューその1|「経営者講演」で、経営視点を学ぶ

株式会社SUBARUの臺(ダイ)卓治 氏は、2014年のエグゼクティブ・ビジネスリーダーコースにご参加いただきました。
当時の職位は副本部長でしたが、2017年4月現在、常務執行役員に就任されています。
エグゼクティブ・ビジネスリーダーコースで学んだことについてお話を伺いました。

「経営者講演」で、経営視点を学ぶ

JMA 赤木:
臺さんの今のお仕事の内容を教えていただけますか?

臺氏:
私は自動車部門の企画とデザインに携わっています。昨年の10月からは、コネクトビジネスという自動車と外部のインフラとの連携についても担当しています。

JMA 赤木:
エグゼクティブ・ビジネスリーダーコース(EBL)は、いかがでしたか?

臺氏:
参加したのは2年前ですが、今でも研修内容をはっきりと覚えています。皆さんも同じだと思いますが、ある一定の年齢、立場になると外部の研修を受ける機会は多くありません。
特に、エグゼクティブ・ビジネスリーダーコースのように、社外の方と長期間に渡って研修を共にする機会は少ないので、強く記憶に残っています。

JMA 赤木:
研修の中で印象に残っていることは何ですか?

臺氏:
「経営者講演」が印象に残っています。実際にトップとして経営に携わっていらっしゃる各界の方の講演を受けることができましたが、お話いただいた内容をすごく覚えていますね。
私が参加したときは、マツダ株式会社の井巻さん、株式会社ジェイティービーの佐々木さん、株式会社 LIXIL グループの八木さんなどの講演を聴く事ができましたが、とてもインパクトがあるお話でした。マツダ株式会社の井巻さんは、同じ業界の方ですが、なかなかお話を伺う機会もありませんので、貴重な機会でしたね。

JMA 赤木:
研修で特に勉強になったことは何ですか?

臺氏:
研修のひとつひとつの単元については、ある程度の知識を持っていましたが、エグゼクティブ・ビジネスリーダーコースの講義全てを受けると、一貫性を持って、ひとつひとつのつながりが見えてきました。
研修で取り上げるテーマ「経営戦略」「財務」「人・組織マネジメント」「リーダーシップ」について、各単元を受講してみて自分の理解の大半が経験則によるもので、そのテーマ毎に確実な理論やスキルがあることに気づきました。
そして終盤になってひとつひとつのつながりが見えてきました。
各テーマのスキルは経営にとって重要な要素であることだけでなく、個々のスキルだけなく、その見方や考え方が現在の自分にとって大変役に立っています。

自動車の開発をしていると、現場の感覚で課題に取り組んでしまいます。
「経営的な視点で考えるというのは、こういうことなんだな」と実感することができました。俯瞰して全体を見る考え方ですね。

〜1/2 page〜

インタビュー, エグゼクティブ・ビジネスリーダーコース
ページの
先頭へ